2018年10月16日

全国障害者スポーツ大会〜水野編〜

こんにちは!

スタッフの水野です。
10月13〜15日…全国障がい者スポーツ大会へ参加させて頂きました。

3日間の全てのことを書くことはできませんが、簡単に書き残せたらと思います。

文書に表現するのは苦手ですが良ければどうぞお付き合いください。

・学んだこと・
今年は身体に障がいのある選手をメインにサポートさせて頂きました。
伝える方法や気遣いのポイント…簡単にではありますが学んだ上で実行できたかと思います。
生活を共にした視覚の方と先生方のやり取りを見よう見まねでやってみたり…
まともな手話ができなくても、ジェスチャーをうまく感じて頂いたり表現することで聴覚の方とコミュニケーションを取れた時は嬉しかったです。


・自分に不足していて…・
それは、一緒にいた選手に近くで見ていた野口コーチが掛けた一言を聞いて気づきました。
その選手は脚の具合に不安があり、動きを見て“こういった動きになってますよ”とは言えたのですが、“こうした方がいいですよ”と言い切れなかったのです。
判断する力はすぐに身に付くものではないですが、根気強く感じた事や伝えたいことを伝えていく大切さに気づきました。


・何か残せたらと。・
今回は現地のサポートボランティアの学生たちにとても恵まれたと思います。
2日目以降は選手1人に1人づつ学生が付いてくださりました。
せっかく共にする同じ時間…ウォームアップでは一緒に身体を動かしました。
身体をコントロールする難しさから笑顔も生まれて良かったです。
その障がいと向かい合い、競技に挑む姿を現場で見ていたことは自分だけでなくその現場に居た人には色々な形で感じるものがあったかと思います。


・さいごに・
今年は身体のサポートがメインでしたが、昨年知的で良くしていただいたこともあり、兵庫の陸上ほとんどの選手とコミュニケーションをとることができました。
昨年よりも成長した姿で…というよりも、多くの選手との関わりを通してPDCAを繰り返し学びを深めることができたのが現実です。
もちろんそれがあって選手としての刺激を受けたり悔しさも歓びも感じることができました。


来年の開催地は茨城県です。
いきいき茨城ゆめ大会…
またの機会がありましたら宜しくお願い致します!

選手、スタッフ、現地で支えてくださった皆さん、本当にお世話になりました。
ありがとうございました!

IMG_0991.JPG
posted by T&F.net KOBE at 21:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。